チャイナエアラインでいくハワイ 2017年ゴールデンウィーク

GW直前、出発1週間前にハワイへ行くことになり
チャイナエアラインを予約。

帰国の日を翌週火曜日の夕方日本へ戻る便にしたおかげで
8.5万円程で成田ーホノルルを購入できました。

なにやらチャイナエアラインではアプリがあるようで

  • 予約の確認
  • オンラインチェックイン
  • 運行情報のチェック

などができるとこのとで
一応ダウンロードして、使ってみた。

チャイナエアラインのスマホ用アプリは以下からダウンロードできます。

iPhone用 → app-ios

Andorid用 → app-android

iPhone版のアプリ画面はこんな感じです。

chianairline-app

予約の確認は問題なくできるものの
当日、オンラインチェックインをする際に
最後の最後でエラーに・・・

空港に到着しているので荷物を預けないといけないので
その時チェックインしてもいいのだが、もしかして予想だにしない
理由などがあって、最悪搭乗できないなんてことになってはたまりませんので近くにいた、チャイナエアラインスタッフに確認。

パスポート番号から予約はきちんとなされていて、エスタも8ヶ月ほど前に取得しているので問題のないことを伝える。

一度、空港にあるチェックインマシンでやってみましょうということになり、やってみると普通にチェックイン完了。

チャイナエアラインスタッフいわく、最近システムの改修があり
何件か不具合が起きているとのこと

特にエスタの関係で、アメリカ行きの航空券の場合は
システムエラーになりやすいのだとか・・・。

そんなエラーをそのままにしながら運用しているシステム担当は
クソだなと思いつつ、なんとか無事にチケットも発券できて搭乗。

シートにはUSB充電口が1つずつあり、スマホやタブレット等を充電できる有難い仕様。

2017GW-china-airline-hawaii (1)

しかし、ここでUSB充電口にまつわる予想もしない問題が!!
なんと、電力供給が少なすぎてフライト中ずっと差しっぱなしにしていた
iPhone 7 plus が7時間半というフライトでも100%にならないという充電具合w

しかも、飛行中はiPadメインで使っていたのでそれでこの結果ではUSB充電口があるだけ有難いが地上のようなスピードで充電されることを期待したら痛い目にあってしまいます。

ちなみに機内食はこんな感じでした。

2017GW-china-airline-hawaii (1)

まあ、そんなことはささいなことの一つぐらいで片付きますが
最後まで気になったのが中国人のこどもの甲高い声

声でかいし、キンキン頭に響く声で不快でしかないものが
消灯中以外ずっと聞こえてくるという悪夢。

ノイズキャンセリングイヤフォンですらかき消しきれない音に
10万円近いお金払ってこれはないのでは?と思いました。

中国人の子どもって親が注意しないのもあって
どこ行ってもうるさい。

クルーズ船でも、飛行機でも観光地でもエレベーターでも・・・

言語的にうるさいぐらいで言わないと通じないようなことは
知ってはいますが、日本人のように静かな場所では静かにという
文化なのか教育なのかがないような中国人とは本当に距離を置きたい。

不幸中の幸いで席が離れていたので、音量を大きめにして音楽を聞いていればさすがのBOSE様ということもあり、全く聞こえなくなるので、自衛の手段って大事だなと改めて思いました。

子どもがうるさいっていうのは
なぜか周りが我慢するというのが常識のようになっていますが
頼んでもないのに勝手に連れて来ているだけの子どもがうるさくするのを我慢しなければいけないなんて、全くもって納得のいかない話です。

大人しくさせられないようであれば連れてくるべきではありませんし、自分の子どもを連れて行きたいという親の勝手に周りが犠牲になるなんげ迷惑すぎますし。

そんなフライトでしたが、GWの真っただ中帰る日を1日ずらしただけで8.5万円弱で
機内食は普通、アルコールも飲めて、時間通り無事到着できたと思うとお値段以上かなと。

帰りのフライトが心配でしたが帰りはちょっと太ったCAが横を通るたびにぶつかる上、愛想が悪かったのが気になったぐらいでしたが
所詮、ANAもJALも受からなかったような方で体型維持もままならないときたら、期待する方がバカなのかもと思いつつ・・・。

やっぱり数万円の差が気にならないような方がチャイナエアラインを利用しようない理由がよくわかりました。
設備的には帰りの便はUSBポートもなく充電もできないものでした。

ちなみに
ホノルル国際空港は国際空港なのに無料どころか有料で使えるWi-Fiすらなくて、ほんとにビビりましたw

しかも、国際線到着出口付近にはコンビニもコーヒーショップもなくて再度びっくり・・・。

少し歩いてハワイアン航空のバゲージクライムにはスタバがあったものの、ジャバチップフラペチーノ グランデで7ドル近い価格でもうめまいがしそうに。。。

現地の人はスタバのテーブルや椅子は使えども誰も注文してないしそらそうなるよねw と思いました。

今回H2O SIM の APN設定をするに一瞬だけでもWi-Fiが必要なのにまさか空港でWi-Fiがないなんて予想外でした。

アメリカからしたら田舎とはいえ、これだけの観光地の空港でWi-Fiないとかやる気ないとしか思えない。。。

別便で来ていた友人と空港着いたらネットも使えると思うしLINEするね!!
と言っていたのにできないし超不便。

準備にいい友人が昨夜もし連絡ができなかったら送迎バスの集合場所で落ち合おうと
事前に言ってくれていたのでそのおかげで連絡が取れなくても無事に合流してホテルへ迎えるのでいいのですが・・・

このご時世、国際空港でWi-Fiないとかマジで信じられない。

どうでもいいですが、最近【いのうえ空港】に名前が変わったそうでそんなどうでもいいところ
変えなくていいからWi-Fi整備してと強く願いました。

ということで、価格重視ならチャイナエアライン、同価格帯で空いているなら
ANAやJAL、ハワイアン、デルタ、ユナイテッドの順で選びたいと思いました。

ここだけのお話ですが、ハワイでは超有名なロバート・カジメロ氏も
一番好きなのはANAとおっしゃっていたのを聞いたことがありまして、世界各国を旅しまくっている方も
東京-ホノルル間はANAイチオシ!とのことでした。

追伸:しかしながら、チャイナエアラインのカスタマーセンターの対応はとても柔軟でレスポンスも早くてそこは本当にいいなと思いました。
かわりにマイルを貯めようと思ったデルタ航空は電話がなかなかつながらない上、メールでの問い合わせも返答時間にヌケモモムラがあり最悪でした。

ちなみに今回、メールでやりとりしたのは

デルタ航空
カスタマー エクスペリエンス スペシャリスト
池森

という方で
この方にあたってしまったら、ホント最悪です。

いやなら、やめればいいのにと思うような対応ばかりでせっかくの旅行の思い出を台無しにされそうな勢いです。